株式会社本田技術研究所

他サービス

仕事の満足度

9人が回答

2.8

内訳

仕事のやりがい

3.1

給与・昇給・福利厚生

3.0

成長・教育制度

2.1

ワークライフバランス

3.0

職場の人間関係

2.4

経営状況・雇用の安定性

3.4

評価項目について

  • 40.0時間

    平均残業時間

  • 84.4%

    有給休暇消化率

  • 66.7%

    この職場を
    人にすすめたい

口コミまとめ

良い点

  • ・学歴不問
  • ・年功序列
  • ・休みやすい
  • ・経営安定
  • ・給与が高い

不満な点

  • ・自己成長できない

11件の口コミ

並び順:
在籍年度順

詳しく絞り込む

  • 良い点 仕事内容

    2019年頃の話

    • デザイナー
    • 正社員
    • 50代
    • 男性
    • エキスパート
    • 現職
    • 新卒入社

    志がありそれを表明する人、いわゆる声のデカイ奴は一度はチャンス貰える会社。
    学歴関係なし。
    学閥が本当に無い。
    高卒でも専門卒でも役員になってる。
    その代わり本当にガチの力を試される。
    学閥無いから先輩から引っ張り上げられる事は皆無。

  • 不満な点 仕事内容

    2019年頃の話

    • エンジニア
    • 正社員
    • 60代以上
    • 男性
    • 係長
    • 現職
    • 新卒入社

    お客さまに買っていただく商品開発ですので、自分の好みだけでは開発できません。
    技術的には意外に保守的です。

  • 良い点 仕事内容

    2019年頃の話

    • エンジニア
    • 正社員
    • 60代以上
    • 男性
    • 係長
    • 現職
    • 新卒入社

    自動車の開発業務です。車好きの人には刺激的な仕事です。海外関連の仕事も多いです。外国人同僚も増えているので、英語などの外国語ができたほうがいいです。

  • 良い点 ワークライフバランス

    2018年頃の話

    • 設計
    • 正社員
    • 40代
    • 男性
    • 課長
    • 現職
    • 中途入社

    組合員の内は、付与された年次休暇の20日分は100パーセント消化であり、仕事も残業規制内であれば、フレックスで好きなだけ働けます。

  • 不満な点 成長・キャリア

    2017年頃の話

    • エンジニア
    • 正社員
    • 30代
    • 男性
    • 役職なし
    • 退職済み
    • 中途入社

    実力のある技術者であれば他社で自分の力にあった報酬をもらえる企業に転職するほうがよりよい報酬が得られる可能性がある。
    部署によっては、上から降りてくる仕事を部品メーカーに横流しする仕事が主になる。また、実際のものづくりは受注を受けた部品メーカーが行う。そのため、技術者が技術を追求できない環境である場合が多い。スキルアップは望めない。
    昔から実施しているいわゆる"自動車の設計"を行うのであれば、過去のノウハウから良い仕事ができる場合もあるが、新しいものを取り入れる技量や社風、会社の余裕は全く無い。特にこれから主流になる自動運転やIoTの分野は非常に弱く、また新しい技術を導入するハードルが鬼のように高い。
    昔から居る人の発言権が強い、という社風のため、顔が広い人と知り合いであるかどうか、気に入られうかどうかが会社を渡っていく決め手になる。

  • 良い点 成長・キャリア

    2017年頃の話

    • エンジニア
    • 正社員
    • 30代
    • 男性
    • 役職なし
    • 退職済み
    • 中途入社

    現時点では企業の安定感がある。
    会社のネームバリューがある。
    会社に骨を埋める覚悟があれば、年功序列で給料が上がっていくため、大きく出世しなくてもよい給料がもらえることが多い。
    給与は業界水準程度。業界水準が高いため、一般企業よりは多少良い給料をもらっていると思われる。

  • 良い点 ワークライフバランス

    2017年頃の話

    • 商品開発
    • 正社員
    • 40代
    • 男性
    • 係長
    • 現職
    • 新卒入社

    有休取得は義務です。年度末には強制的に取らされます。出来る人は仕事を調整して9連休とか取ってます。サービス残業もシステムでできないようになったので、勤怠はホワイト企業。

  • 良い点 ワークライフバランス

    2017年頃の話

    • 研究職
    • 正社員
    • 30代
    • 男性
    • 係長
    • 現職
    • 新卒入社

    完全フレックス制なので、最短でも一時間以上あれば出社扱いになる。 コアタイムもないので、午後に一時間のみという勤務も可能。 有休も消化率100%なので、仕事の調整がつけば、自由に休暇取得可能。 特に半日有休休暇制度ができたため、より効率よく有休取得可能となった。

  • 不満な点 職場の雰囲気

    2017年頃の話

    • 研究職
    • 正社員
    • 30代
    • 男性
    • 役職なし
    • 現職
    • 新卒入社

    人間として基礎的な礼節、尊厳を全て軽んじられる環境にあり、配偶者を持ったり子供を育てたりということが担える人間でなくなる。

  • 良い点 ワークライフバランス

    2017年頃の話

    • 研究職
    • 正社員
    • 40代
    • 男性
    • 係長
    • 現職
    • 中途入社

    休暇は有休取得率100%なので、基本的には取りやすい環境です。ただし管理職になると取るのは非常に困難な様子です。 残業時間は30ー40時間程度が多く、どれだけ多くても100時間超えることはなく、月枠、3ヶ月枠、年枠などが設定されているので、極度に長く働くことは出来ない仕組み。

    「株式会社本田技術研究所」と似た企業の求人を探す

    この会社を見た人はこんな会社も見ています

    企業を探す

    誰かの知りたいに答える!
    あなたの職場の口コミ投稿

    投稿する

    あなたの知りたいがわかる!
    Yahoo!知恵袋で疑問・悩みを解決

    質問する
    ※Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です

    株式会社本田技術研究所の求人を探す

    求人一覧を見る