食に関わる正社員特集

飲食業は、調理はや接客といった業務の他にも人材や在庫、売上の管理など
任されることもあり、やりがいのある仕事です。正社員で経験を積みたい方に
お薦めの飲食業のお仕事をご紹介します。

注目の求人

飲食業界の仕事内容

わたしたちがお客としても訪れることが多い飲食店ですが、どのような職種があるのでしょうか。ファミリーレストランやカフェ、居酒屋など形態によって求められる仕事内容は異なることもありますが、飲食業のうち代表的な職種である「ホールスタッフ」と「キッチンスタッフ」について仕事内容をまとめました。

ホール

主に接客にあたるのがホールスタッフの仕事です。お客様を席へ誘導し注文をとって、出来上がった料理やドリンクを運び、レジ業務を担当します。その後、空いたテーブルを片付けを行います。お客様と接する仕事なので、あいさつや受け答えなど接客の基本的なマナーと対応力がもとめられます。多くのメニューや、オペレーションのマニュアル、混雑時の対応など慣れるまでは覚えることが多く大変ですが、接客の楽しさ、やりがいを感じられるポジションでもあります。

キッチン

主に調理にあたるのがキッチンスタッフの仕事です。店舗やお店の形態によって、揚げ物、サラダ、麺類など決められた担当ごとに分担して調理にあたることも多いです。簡単な調理をまずは担当し、徐々に任される調理も多くなっていきます。食材の下準備や、皿洗い、片付けなども業務に含まれます。
調理が難しい場合は習熟に時間がかかり大変なことも多いですが、技術が身につくので料理のスキルやスピードが上がることが魅力です。

飲食業界の給与と待遇

飲食業の給与は?

飲食サービス業で働く労働者の賃金ですが、平均はどれくらいなのか。男女や年齢によって異なるのかなど気になる方も多いと思います。右記のデータは厚生労働省が発表している、産業別の賃金データのうち飲食サービス業(宿泊サービス業も含む)の結果です。細かくみると地域や会社規模によっても状況は異なりますが大よその給与の参考になるのではないでしょうか。

飲食業の待遇は?

飲食サービス業の待遇ですが、勤務する会社によって異なることも多いです。基本的な健康保険、雇用保険、厚生年金保険、労災保険に加入しているかどうかは大きなポイントなので事前の確認が必要です。賞与の有無も事前に聞いておくとよいでしょう。まかない付きや寮のある会社、売り上げに応じたインセンティブ制度がある会社も中にはあるので、応募の際は待遇面も見逃さないようにしたいですね。

飲食サービス業 男女別賃金

男性 女性
年齢計 27.0万円 19.6万円
20~24歳 18.7万円 18.0万円
30~34歳 24.8万円 20.9万円
40~44歳 30.4万円 21.1万円
50~54歳 32.6万円 20.7万円
60~64歳 25.1万円 17.7万円

出典:平成27年度 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

飲食業界のキャリアパス

飲食サービス業のキャリアパスの例

飲食サービス業のキャリアパスのステップ図

飲食サービス業のキャリアパスは、未経験でも経験と責任感があれば、どんどん役割を任せてもらえるのがメリットです。アルバイトから社員へ登用されることもあります。
チェーン展開している会社では店長、エリアマネージャーやスーパーバイザーなどを経て、本部の企画や開発を任されることも。
また、調理技術や店舗運営ノウハウを得られる飲食店で勤務している場合は、ある程度経験を積んだところで独立して自分のお店を持つという選択肢も見えて来ます。独立支援制度がある会社もあるので、将来を見据えて働きたいと考えている方はその点も踏まえて仕事を探してみてください。

飲食業界で働くメリット

  • 調理技術の習得の様子

    調理技術の習得

    料理が苦手な人も、レシピや手順が決められている店舗では慣れていくことで調理技術を上げることができます。包丁の扱い方や調味料の加減、火加減や食材の組み合わせ方などが身について、料理の幅がひろがります。

  • 飲食店での接客の様子

    人と接すること

    飲食業は、訪れたお客様が楽しく食事できる空間を提供する場でもあります。よい接客を心がけていると、時には来店されたお客さまから感謝の言葉をいただくこともあり、やりがいや楽しさを感じられると思います。

  • 飲食未経験のイメージ

    未経験からチャレンジできる

    飲食業は、未経験でも採用されることが多い業界で個人の働き方次第では、アルバイトから正社員への採用も。立場によって売上やシフト、食材の管理など多様な業務を覚えることで責任のあるポジションを目指すことができます。

注目の求人