正社員

信州大学学術研究院社会科学系[助教又は講師](主担当:経法学部)[国際交流室担当]公募 1. 准教授・常勤専任講師相当 2. 助教相当

信州大学

勤務地
長野県 
給与
非掲載

こんな仕事です

[機関の説明(募集の背景,機関の詳細,プロジェクトの説明等)]
信州大学経法学部では,学部内に国際交流室を設け,在籍する外国人留学生の学業面及び生活面のサポートや,学生の海外留学や短期海外研修等のサポートを行っています。ついては,この業務を担当できる専任教員を下記の要領で公募します。関係者の方々に周知方お取り計らいくださいますようお願い申し上げます。
なお,信州大学では平成26年度から教員所属組織として学系単位で構成される学術研究院を設けています。本公募で行う教員人事は,社会科学系に所属し,初年次を含めた学生に対する経法学部の授業についても担当していただくことになります。
[仕事内容(業務内容,担当科目等)]
今回公募を行う教員は,国際交流室に常駐し,主として,本学部に在籍する一般学生,外国人留学生の学業面及び生活面のサポート及び国際交流の支援を担当します。担当する業務には次のようなものがあります。
① 主として外国人留学生を対象とした日本語授業及び社会科学入門授業(その他,希望に応じて採用者の専門分野の授業の担当も可能。)等
② 国際交流に関わる業務(一般学生の語学資格試験受験や海外研修等に係る支援業務等を含む。)
③ その他,学部の運営に必要な業務(入試,各種委員会業務等を含む。)
これらの業務のうち,②③の業務については,国際交流・留学生委員会,交流系科目委員会,教務委員会等と協力しながら行います。
[勤務地住所等]
長野県松本市旭3-1-1
信州大学経法学部
[募集人員]
助教又は講師・1名
[着任時期]
令和2年9月1日を予定。
任期は令和5年3月31日まで(ただし,業績審査の上,原則として1回までの更新がなされる場合があります。)

募集要項

  • 雇用形態
    正社員
  • 応募条件
    採用予定日において大学院後期博士課程を修了していること,又は,それに準ずる研究業績・職歴があること。なお,海外留学の経験があること,又は,外国語(特に英語)に堪能なことが望ましい。
  • 勤務地
    長野県 
  • 給与
    非掲載

誰かの知りたいに答える!
あなたの職場の口コミ投稿

投稿する

あなたの知りたいがわかる!
Yahoo!知恵袋で疑問・悩みを解決

質問する
※Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です
気になる企業の本音を見てみよう 企業を探してみる