「おしごとマガジン」サービス終了のお知らせ

2017年12月21日をもちまして、「おしごとマガジン」のサービスを終了することとなりました。
今までご愛読いただいた皆様に、心から御礼申し上げます。

編集部おすすめ! 40代・50代の方向け 中高年のお仕事特集

CAのパスポートはどうなってる?知られざる出入国事情

2016年 11月 24日

CA Media

そういえばCAのパスポートってどうなっているの?

海外旅行の持ち物で他の何を忘れても絶対に忘れてはいけないのがパスポート。

もちろん、国際線を乗務するCAにとってもパスポートは必携品です。

出入国の度にスタンプを押されるパスポートですが、CAのパスポートがどうなっているのか気になりませんか?

常にスタンプが押されていたら、すぐにページは無くなってしまいそうですよね。

お客様とはちょっと違うCAのパスポート状況をご紹介いたします。




海外ベースならではの就労許可証と入国に必要なビザ

わたしは海外ベースだったので、その国の就労ビザのページがあります。

また、実はほとんどの国でCAはビザも出入国のスタンプも無しで入国することができます。

しかし、事前に申請を必要とする国もいくつかあり、その国のビザを持っていないCAはフライトすることができません。





私がビザを取得したのは・・・ロシア!

CAのパスポートはどうなってる?知られざる出入国事情



私は、ロシアのビザを取得し、実際にフライトしていました。

半年間有効なビザだったのですが、月に2~3回はロシアへのフライトが入りました。

ちょうど夏場だったので、涼しいロシアでとても素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。





ビザ取得国はリクエストできない!?

どの国のビザを取得できるかはリクエストはできず、会社がランダムに選びます。

私がロシアビザを取得したのは、スタンバイの日に突然スケジュールが変更になり、「ロシアビザを取得するように!」と急な連絡があったことがスタートです。

ちなみに、同期はアメリカのビザを取得したため、いつもアメリカにフライトしていました。


このように、ビザ取得国によってフライト先やフライトスケジュールは大きく変わってきます。





CAのパスポートは実は空白のページだらけ!?

出入国時、ほとんどの国ではクルー専用名簿があり、CAは自分の名前にサイン(またはチェック)をするだけで出入国ができます。

ただし、ベトナムと中国に入国する時は、必ずスタンプが押されました。

ロシアのように入国許可証のような紙を入国時に渡され、その国で外出する際は必ず携帯するよう言われた国もあります。


そういうわけで、CAのパスポートは仕事ではスタンプはそんなにいっぱいになりません!

ただ、きっとCAは旅行好きが多いので、その分のスタンプはいっぱいになっているはずですね。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CA Media

CA メディア(CA Media)では、1000人以上のCA(キャビンアテンダント)ネットワークから、現役CA及び元CAメンバーを中心に、女性に役立つノウハウや、働き方、美容情報、観光情報など、CAの独自の目利き力と情報網を活かしたおススメコンテンツを配信してまいります。