編集部おすすめ! 40代・50代の方向け 中高年のお仕事特集

縁の下の力持ち!ギャレーCAがサービスを左右する?!

2017年 6月 1日

CA Media

ギャレー担当CAって何をするの?

飛行機の中の台所であり、CAの作業場を「ギャレー」と呼びます。

機内には前方から後方にかけて数か所「ギャレー」があるのですが、それぞれにフライト中の担当が決められています。

その担当が決まるのは、乗務前にCA全員で行うブリーフィングです。

その際にチーフから、CA達をギャレー担当、キャビン(客室)担当と振り分けた表が配られます。

基本的には1つのクラスに「ギャレー担当」が1名アサインされ、残りのCAが全員キャビン担当となります。

キャビン担当というのは、客室内でお客様に食事やお飲み物のサービスをする客室乗務員。

つまり、皆様がご覧になることが多いCAはキャビン担当なのです。

お客様の前にあまり顔を出さず、ひたすら縁の下の力持ちとなる「ギャレーCA」はどんな仕事をしているのでしょうか。

その実態をご紹介しちゃいます。




新人は必ず通る道?!サービスの良しあしを決める大事な役割

新人はギャレー担当になることが多いのですが、それには理由があります。

機内サービスの基本を理解していないとできない仕事のため、新人はまずギャレーの仕事をできるようになることが重要なのです。



ギャレー担当はお客様のまだ乗られていない飛行機に搭乗したらまず、搭載品の場所と数を確認します。

どこに何が搭載されているかを把握したら、サービスの流れを頭の中でイメージします。

ギャレー担当の大事な仕事は、キャビン担当が必要なものをタイミングよく用意し、機内サービスをスムーズに行えるようにすること。

機内ではお客様のお座席にお飲み物のカートやお食事のカートをもってCAがサービスに行きますが、そのカートのセッティングを行ったり、必要な飲み物の補充を行ったりするのがギャレー担当の仕事なのです。

言い換えると、ギャレー担当CAこそが、機内サービスを支えているのです。




完璧なギャレーワークでこんなにもサービスが違う?

離陸後にシートベルト着用のサインが消えると、CA達の機内サービスが始まりますが、ギャレー担当はすぐに機内食の温めの準備に取り掛かります。

その後は、おしぼりの準備、お飲み物のカートの準備、片付けるためのゴミ箱の準備、お食事のカートとそれに乗せるビールやワインの準備と、次から次に始まっていく機内サービスの準備に追われます。

ギャレー担当が必要なものをすべて準備しておいてくれさえすれば、キャビン担当はギャレーに足りないものを取りに戻る必要もなく、お客様への応対に専念できます。


有能なギャレー担当は、その日の客層を把握し、お子様が多いようならジュースを多めにカートに乗せたり、お酒を楽しみたいお客様が多そうならビールを多めに乗せたりと、かゆい所に手が届くような準備を行います。

キャビン担当がお客様のお座席からおさげしたグラスなどをたくさん持ってギャレーに戻って来ても、片付けやすい場所にグラスのケースやゴミ箱が出してあり、すぐに片付けられるようにしています。

食事のカートの配分も、あらかじめ他のギャレーの担当と打ち合わせをし、多く出そうなお食事のトレーを多めにカートに入れておいたり、足りなくなった時のためにあらかじめ予備に使える食事のトレーを近くに移動させておいたりもします。

このギャレー担当の絶妙な気配りによって、キャビン担当が余分な業務に煩わされることなく、お客様のリクエストにタイミングよくお答えすることが出来るのです。




ギャレー担当の熟練度はこれで分かる!?

お客様の座席でお食事のサービスも終わったころ、ギャレーがどんな状態になっているかで、ギャレー担当の熟練度がわかります。

ベテランのギャレー担当は、お食事のサービスに必要なものの準備をする一方で、不要なものはどんどん片付け、ギャレーをきれいにすることを並行して行っています。

そのため、慣れたギャレー担当CAの場合、お食事のサービスが終わるころには、ギャレーの中がほとんど片付いています。


その反面、新人がギャレーを担当すると、いつまでもギャレーにゴミ箱が残っていたり、片付けても良いグラスのカートが置きっぱなしだったり。

なかなか片付かないことが多く、先輩方に注意されることも。

次から次へと時間の勝負となるお食事サービスの準備をタイミングよく行いながら、片付けも同時進行しなくてはならないギャレーの仕事は、家事とも通じるものがありますよね。




いかがでしたでしょうか。

お客様の前には姿を現すことが少なくても、陰で大活躍し、機内サービスを支えている「ギャレー担当CA」の存在はとっても大きいです。

飛行機に搭乗されたら、どのCAがギャレー担当なのか、探してみるのも楽しいかもしれません。

少しでもお役に立てましたら、幸いです。 

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CA Media

CA メディア(CA Media)では、1000人以上のCA(キャビンアテンダント)ネットワークから、現役CA及び元CAメンバーを中心に、女性に役立つノウハウや、働き方、美容情報、観光情報など、CAの独自の目利き力と情報網を活かしたおススメコンテンツを配信してまいります。