編集部おすすめ! 40代・50代の方向け 中高年のお仕事特集

台風でフライトが欠航!知っておくと安心の慌てない対応方法

2017年 9月 12日

CA Media

台風で飛行機がキャンセル!その時どうする?

秋は台風の季節。

そして、台風が来ると避けられないのが飛行機の欠航です。

台風の影響で予定していた飛行機が遅れた、欠航になったという経験をした方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

もし自分がそのような状況になっても慌てなくていいように、台風が来たときの行動を改めてご紹介いたします。




晴れてるのに欠航するのはなぜ?

台風が接近しているエリアならともかく、たまに全く関係ないエリアでも台風の影響で欠航する場合があります。

それはなぜかというと、機材繰りができないから。

もし東京に台風が直撃した場合、あらゆるフライトが東京から離陸できなかったり、着陸できなかったりという事態に陥ります。

そうなると、台風の影響を全く受けていないエリアでも、飛べる飛行機が来れなくなってしまうことで欠航になる可能性があるのです。


大手航空会社は保有する飛行機が多いので機材繰りには対処できることもありますが、LCCなどは特にギリギリの機材繰り。

欠航になる可能性はさらに高くなります。

台風とは関係ない場所にいても欠航の影響は受ける可能性があるということは、覚えておくと良いですね。




運航状況はこまめに確認!

今は、インターネットでほぼリアルタイムの運行状況を確認することができます。

空港に行かずしても、自分の乗る予定の便が予定通り飛ぶのか、大幅に遅れるのか、欠航するのかが分かりますね。

ひとまず空港に行ってみよう!という方はとても多いかと思いますが、事前の情報収集はとっても大切です。

もし空港へ行っても結果的に欠航、その日は一日飛ばないとなると、そこから代替手段を探すのは時間のロスです。

まずは落ち着いて、各航空会社のwebでの情報を確認するのが有効です。




払戻?振替?

自分の乗る予定の便が欠航、あるいは欠航になるかもしれないという時点で、航空会社では無料での払戻を受け付けていることが多いです。

本来、払戻は自分の都合なので手数料が取られますが、台風の場合はその手数料が無料になります。

または、当日遅い便だと飛びそう!明日なら飛びそう!という場合は、別の便への振り替えも可能ですね。

ただし、翌日に振り替えた場合の宿泊費は自分で負担することになるので、翌日以降に振り替えるのが本当に良い判断なのかはしっかり考える必要があると言えます。

当日の夜まで空港で待つのもかなりの体力を浪費します。

例えば、東京/大阪間であれば早めに飛行機に見切りをつけて払戻を行い、すぐに駅に向かって新幹線に乗るというのも一手。


先日、私も台風で東京から大阪へのフライトがキャンセルになってしまいました。

朝の時点でキャンセルかどうか分からなかったのですが、新幹線が混み合って乗れなくなっても困るので早めに新幹線のチケットを確保し、フライト欠航が確定した時点でフライトを払戻し、無事に新幹線で帰ることができました。

もちろん、新幹線も途中で止まるリスクがあるので、少し多めに食べ物や飲み物を持ち込んだり、止まった場合その駅からどうやって帰るかなども想定が必要ですね。




払戻・振替は簡単に手続き可能

フライトのチケットの取り扱いは、webの発達で今はかなり簡単にできるようになりました。

払戻や振替ももちろんインターネットでできます。

また、悪天候の場合の払戻は、出発予定日の10日以内に手続きすればOKなど、当日のバタバタのさなかにやらなくても大丈夫なようになっています。

航空会社にもよりますが、振替も手続きは出発予定日の10日以内、振替は30日以内まで可能など、台風が過ぎてしまえばチケットは割と有効に使えるのです。

台風で欠航!となっても、然る手続きを踏めばこのようにチケットはちゃんと払戻できるか、後日振替ができます。

欠航になるとどうしてもその日や翌日のスケジュールの調整や、移動手段のことで頭がいっぱいになりますが、チケットを無駄にしないためにも冷静な対応も必要ですね。




秋は台風が連続してやってくる季節。

CAも台風で大幅なスケジュール変更を強いられることもあり、何より予定通りにフライトを飛ばすことができないのは航空会社にとってもとても心苦しいことです。

来たる台風の季節に備えて、心構えは十分にしておきましょう!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CA Media

CA メディア(CA Media)では、1000人以上のCA(キャビンアテンダント)ネットワークから、現役CA及び元CAメンバーを中心に、女性に役立つノウハウや、働き方、美容情報、観光情報など、CAの独自の目利き力と情報網を活かしたおススメコンテンツを配信してまいります。