「おしごとマガジン」サービス終了のお知らせ

2017年12月21日をもちまして、「おしごとマガジン」のサービスを終了することとなりました。
今までご愛読いただいた皆様に、心から御礼申し上げます。

編集部おすすめ! 40代・50代の方向け 中高年のお仕事特集

日系だと出会えない!?外資系航空会社に多い男性CA

2017年 10月 17日

CA Media

CAは日本では女性の仕事?

CAの職場というとどんなイメージをお持ちですか?

女性だけの職場というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

日系の航空会社でも男性のCAもお見かけしますが、やはり女性の数が圧倒的。

外資系の航空会社でももちろん女性の数が圧倒的に多いのですが、男性の乗務員もたくさんいます。

フライトによっては、男性乗務員の数が女性乗務員の数より多いなんていうこともあり得ます。

きっと外資系の航空会社に乗ったときや空港で、男性乗務員を見かけたことがある方いらっしゃると思います。

今回は、そんな男性乗務員についてお話します。




男性乗務員は多い?

もちろん会社によって男性乗務員の数は違いますが、イメージ的には少数ではなく大勢の男性乗務員がどの会社にも在籍しています。

外国では客室乗務員は女性の仕事というイメージは全くありません。

性別問わず、仕事の1つという考えです。

ですから男性もどんどん、試験を受けて客室乗務員の仕事につきます。




仕事分担は?

同じ客室乗務員なので男女で仕事の区別はありません。

とはいえ、男性乗務員がいると、お互いに得意なことをしたり助け合って仕事をしています。

例えば、重い荷物を持って搭乗されたお客様がいらっしゃったとすると腰をいためたりしないように女性乗務員の場合は2名で一緒に荷物を頭上の棚にのせたりしますが、男性乗務員がいると積極的にそのような仕事をしてくれます。

女性同士だと誰かに頼むことはありませんが、男性乗務員がいるときは頼むこともありました。


お食事やお飲み物の準備中も、高いところにあるものや重いものを持ってくれたりと助けてくれることも多い男性乗務員。

その分、代わりに他の業務を女性がしたりと、お互いに協力しあいながらチームワークでフライトを乗り切ります。

特に男性だから女性だからと区別はありませんが自然と役割分担ができて協力しあっていました。




実際に経験した女性1人のフライト

筆者の経験ですが、日本便ではない便にアサインされて5日間のフライトをした時の事。

パイロットを含めて、女性は筆者1人ということがありました。

ステイ先でも一緒に食事に行ったりしたのですが、お買い物などはずっと一人になってしまい少し寂しかったのを覚えています。

やはり、ガールズトークも必要ですね。


また、外国では女性のパイロットも珍しくないので、パイロットが全員女性で客室乗務員が全員男性ということもありました。

実際に通路で実際にお客様にサービスをしていたのが男性乗務員ばかりの便があったのですが、お客様に「男性の乗務員ばかりでびっくりした」と言われたこともありました。

それだけ、日本では男性乗務員というのは珍しいんですね。




気さくな男性乗務員

CA=女性乗務員と思っていると、男性乗務員がいると少しびっくりしてしまうかもしれません。

しかし、どの男性乗務員も、お客様とお話するのが大好きな気さくな人柄です。

次のご旅行で男性乗務員が乗務していたら、ぜひ話しかけてみて下さい。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CA Media

CA メディア(CA Media)では、1000人以上のCA(キャビンアテンダント)ネットワークから、現役CA及び元CAメンバーを中心に、女性に役立つノウハウや、働き方、美容情報、観光情報など、CAの独自の目利き力と情報網を活かしたおススメコンテンツを配信してまいります。