「おしごとマガジン」サービス終了のお知らせ

2017年12月21日をもちまして、「おしごとマガジン」のサービスを終了することとなりました。
今までご愛読いただいた皆様に、心から御礼申し上げます。

編集部おすすめ! 40代・50代の方向け 中高年のお仕事特集

CAになってからのこと考えてる?どんなキャリアを歩むのか

2017年 11月 6日

CA Media

CAになる、なってから

CAになるには、書類選考、数回の面接、筆記試験に健康診断を経て、航空会社に入社します。

その倍率は数百倍なことも!

その後、サービスはもちろん、救急救命と保安訓練を受け、それぞれの機材に乗務する資格を得て、やっとCAとして飛行機に乗務出来るようになります。

そしてCAにも、一般企業と同じように、"昇級"があります。

各会社それぞれかとは思いますが、CAになって乗務がスタートして、キャリアはそれで終わりません。

今回は、私が働いていた会社のCAのキャリアについてお話します。




エコノミークラスで働く

一般的に、CAになって初めて働くのがエコノミークラスです。

サービス内容はビジネスクラスやファーストクラスに比べるとシンプルですが、お客さまの数が多いので、きっと想像以上にとても大変です。

思い描いていた夢と現実のギャップに悩まされる新米CAも少なくないのではないでしょうか。

限られた時間の中で、いかにお客さまの心に残るサービスが出来るか、工夫が出来るか。

難しいながらも、とても遣り甲斐があります。

よく、「お客さまの笑顔のために」「お客さまが喜んでくだされば」と言いますが、本当にその通り。

エコノミークラスではお客様の母数が多い分、ひとりでも多くのお客さまに喜んで、楽しんでいただけるよう、最大限の努力が必要です。




ビジネスクラスで働く

会社から選ばれ、筆記と実技の訓練を経て、ビジネスクラスでの乗務がスタートします。

エコノミークラスのお客さまより担当するお客さまの数が少なく、提供できるサービスの幅が広がります。

その分、お客さまの要求も高くなるので難しいのですが、遣り甲斐はさらに高まります。

"一流"のサービスを提供する為に欠かせないのが、日々の勉強。

ソムリエやバリスタの資格を取るためなら、休日も返上してサービスの為に自身のスキルを高めたい!と思う余裕が出てくる人も多く、自分の為、仕事の為に、時間を捧げる人が多くいます。




ファーストクラスで働く

会社から選ばれ、筆記と実技の訓練、試験を経て、ファーストクラスへの乗務がスタート!

私の勤めていた会社では、コックピットクルー(機長、副機長)のお世話係も兼任でした。

ビジネスクラスのお客さまより、お客さまの数は更に少なくなり、サービスの幅もさらに広がります。

しかし、実はファーストクラスのお客さまは、わたしたちCAに求めるものがとても少ないのです。

機内ではお休みなるだけのお客さまも。


乗務する路線の金額も意識するように教えられます。

例えば、100万円のフライトで、お客さまはほとんどの時間お休みになられていた場合、目を覚ました一瞬にどうしたら100万円の価値のあるサービスが提供出来るのか。


話しかけることも許されない程お仕事に熱中されているお客さまに、どうしたら100万円の価値のあるサービスが提供出来るのか。

ファーストクラスならではのサービスの在り方、考え方ですね。

毎回が課題でした。




客室責任者になる

それぞれのクラスをまとめたり、全てのクラスをまとめる責任者と言うポジションになります。

航空会社ごとに違いますが、スカーフの色や制服の色、名札の形等が異なり、他のCAとは違うことがお客さまにも伝わります。

責任のあるポジションです。

CAとして求められる接客スキルやチームワークだけでなく、決断力やリーダーシップも求められます。




チェッカー

チェッカーとは、乗務中のCAを一緒に乗務しながらチェックする立場です。

"アセスメント"と言って、客室責任者がフライト中にこっそりチェックする試験もありますが、それ以上にチェッカーが乗っていると緊張します。

チェッカーは、基本的には機内サービスや保安に関する部分は行わず、CAのチェックだけをする立場です。

CAと同じ制服を着て、毎日、違うフライトで別のCAをチェックすることが仕事です。

乗務経験を重ねているからこそのキャリアと言えますね。




教官

飛行機には乗務せず、CAの訓練をします。

サービスの訓練、保安要員としての訓練、救急救命の訓練などの種類があります。

新人CAの訓練はもちろん、年に一度の訓練も担当します。

知識があるだけではもちろん駄目で、新人CAにとって厳しくも頼りになる存在です。

私も10年以上たった今でも、当時の教官には本当に感謝しています。

新しい路線への就航が決まると、その路線に合わせたサービスの開発に携わることも。




人事

CAの採用に関わり、CA目線でCAを選びます。

私の勤めていた会社では、最終面接では3名の元、あるいは現役CAが面接官でした。




他社へ

CAは、他社のCAへの転職がとても多いです。

特に外資系の航空会社では当たり前!と言うほど、何社も経験しているCAが多くいます。

会社によって飛ぶ路線も違いますし、サービスも違うので、何社経験しても楽しいようです。




退職

結婚を機にCAを退職し、専業主婦になったり、他にやりたいことを見つけ、次のステップへ進む人もいます。

実はCAは、一般的にはあまり歓迎されない職業です。

実際わたしも、転職時によく、「CAだったんだね、一般事務は地味だよ」「CAだったんだね、毎日同じ場所で働ける?」等と言われ、CAの経験より、その前の医療事務の経験があったおかげで、何社か内定をいただきました。 




いかがでしょうか?

「CAになりたい!」と言う人は、なることが全てで、その後のキャリアをあまり考えていない人が多いように感じます。

お恥ずかしながら、私自身CAになることが目的であって、その後のキャリアまで深く考えていませんでした。

どんな風にキャリアを重ね、どんなCAになりたいのか。

そして、最終的にどんな女性になりたいのか、少し考えてみる参考になれば嬉しいです。 

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CA Media

CA メディア(CA Media)では、1000人以上のCA(キャビンアテンダント)ネットワークから、現役CA及び元CAメンバーを中心に、女性に役立つノウハウや、働き方、美容情報、観光情報など、CAの独自の目利き力と情報網を活かしたおススメコンテンツを配信してまいります。