「おしごとマガジン」サービス終了のお知らせ

2017年12月21日をもちまして、「おしごとマガジン」のサービスを終了することとなりました。
今までご愛読いただいた皆様に、心から御礼申し上げます。

編集部おすすめ! 40代・50代の方向け 中高年のお仕事特集

安全にシンプルに!海外によく行く国際線CAのお財布管理術

2017年 11月 13日

CA Media

国際線CAの必需品・外貨

国際線のCAは、毎月必ず海外へフライトします。

おのずと必要になってくるのがフライト先の国の通貨です。

多種多様な国にフライとすればするほど、その国の通貨を持参することになり、気づいたら国際線CAは何種類もの外貨を持っているなんてこともあります。


ステイ先では食事をしたり、ショッピングを楽しんだりと外貨を使わなければならない場面に遭遇します。

食事やショッピングはクレジットカードも使えますが、空港からホテルまで送迎してくれるドライバーさんやルームサービスを運んできてくれたホテルのスタッフにお渡しするチップなど、現金は必要。

国際線CAがどんな風にお財布を活用して現金やカードを持ち歩いているのかお話します。




お財布は1つ派?2つ派?

CAは、1つのお財布に日本円も外貨も一緒に入れるという「お財布は1つ派」と、日本円と外貨のお財布を分けるという「お財布は2つ派」に分かれます。

筆者は、「お財布は1つ派」でした。

新人の頃は日本円と外貨のお財布を分けていましたが、お財布2つを持ち歩くのはショルダーバッグの中でかさばります。

クレジットカードを入れ替えたりもしているので、ショッピング中使おうとしたクレジットカードが入っていなくて買い物が出来なかった!ということも。

結局、1つ派に落ち着きました。

それでも最初は1つにしたことで何もかも詰め込んでしまい、お財布がパンパンになってしまうことも。

とは言ってもそんなに何種類もの通貨を1つのお財布に入れるのは無理なので、1番良く使う外貨と日本円を常にお財布に入れていました。

外資系のエアラインの場合、本国と日本を行ったり来たりという事が多いので、本国の通貨が一番良く使う通貨と言う場合が多いと思います。

日系エアラインのCAの方が月に何度も色々な国へフライトするので、その分通過の管理は煩雑になるでしょう。




お財布をすっきりさせると節約もできる!?

2つの通貨を持ち歩く際に大事なのが、いかにお財布の中身を少なくするかという事です。

筆者自身、それまではお財布の中はポイントカードやクーポン、レシートでいっぱいでした。

しかし、それを見直してポイントカードはできるだけ種類を少なくして、1つの業種について1つのお店と決めました。

たくさんのポイントカードを持っていた頃よりもポイントもたまりやすくなって一石二鳥になりました。

ポイントカードなどはついつい作ってしまい、気が付いたらお財布にたくさんのポイントカードが入っていませんか?

見直してみると、期限が切れていたり、自分でもこんなにたくさんポイントカードを持っていたんだ!と驚くことになると思います。

整理したあとのお財布はとってもすっきりするので、お財布がパンパンで気になるという方はまずはポイントカードから整理されるのをオススメします。




銀行はメインバンク1つに決めて

筆者は、銀行もメインバンクを決めて1つにしたことで、いろいろな特典を受けることができました。

CAの場合、深夜便や早朝便など銀行の営業時間外にお金をおろさなくてはいけないこともあります。

その場合の手数料が無料になったり!

スタンバイで急にフライトに呼ばれてしまい、期日までに振込が間に合いそうにない時も、海外から手数料無料で振込ができることも。

いくつもの銀行の口座を持っているよりも、CAにとってはとてもお得で使いやすく、お財布の中の銀行カードも1つになってすっきりさせることができます。




すっきりしたお財布は安全確保にも繋がる

海外では、どこで誰がみているかわからないのであまり長時間をお財布を出して開けていることはオススメしません。

お金を支払うときは、さっとお財布をだしてさっと支払うのが安全です。

その際、お財布の中に余計なものが入っていないと、中身もさっと見えて取り出ししやすいのでより安全です。

万が一お財布を失くしてしまっても何が入っていたか把握していないと大変なことになってしまいます。

海外旅行の際にはぜひ気を付けて下さいね。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CA Media

CA メディア(CA Media)では、1000人以上のCA(キャビンアテンダント)ネットワークから、現役CA及び元CAメンバーを中心に、女性に役立つノウハウや、働き方、美容情報、観光情報など、CAの独自の目利き力と情報網を活かしたおススメコンテンツを配信してまいります。